アジアクラフトリンクについて

  • HOME
  • アジアクラフトリンクについて

理事長挨拶

私たちは前身組織NGOミャンマークラフト支援会において、今までアジア各国の地域産物を使って付加価値のあるクラフト製品を作り出すことで、地域自立、人材教育を目指す活動を行ってきました。地域産物の掘り出しは地域の再発見に継がり、付加価値のある製品作りは、丁寧な仕事、マーケティング、品質管理、デザイン研究など基礎技術の習得にもつながります。しかしこれらを海外で実行することは容易ではなく、当初は素朴すぎる製品からの出発でした。しかし、自分たちが、できる範囲で、出来る方法で、すこしずつ進めていくと、いずれ世界に誇れる作品に育っていくと考えます。これらは単なる上から目線の支援運動ではなくて、一緒に汗を流すことで、開発途上国の人たちだけでなく、自分たちも一緒に育っていける、人材教育プログラムです。今後さらに物作りを通して開発途上国の人と私達が共に自立し成長する運動を広めるべく、NPO法人格を取得し、社会的信頼性を高めるために特定非営利活動法人アジアクラフトリンクを設立することとしました。

2012年11月
特定非営利活動法人アジアクラフトリンク
理事長 斎藤秀一

活動理念

ミャンマーでの活動コンセプト

  1. 現地の素材と日本デザインで、世界に通じる製品を共同製作します。
    寄付する支援ではなく、私達も汗して共に成長する対等の活動です

  2. 工夫によって付加価値を作る「一村一品運動」の開発コンセプト
    生産者と消費者を結ぶ「フェアトレード」の設計
    活動の継続を目指し「ソーシャル・ビジネス」として運営

  3. 上記3点の活動経験により人を育てます。人材育成が大切です。
    人材が育てば私達の活動も成功と考えています。

開発製品コンセプト

自然素材の 手作りによる 使いやすい ⇒生活実用品です

ソーシャル・ビジネスへ発展して支援継続

(1、企画)→(2、生産)→(3、販売)→(4、生産・支援継続)

良い品質の製品が出来て、購入者(支援者)も継続支援が可能です。
合理的な計画継続の為ソーシャル・ビジネス感覚で運営します。

NPO法人アジアクラフトリンク
〒950-0947 新潟市中央区女池1-5-11
TEL 025-284-6461/FAX 025-250-7416
フェアトレードショップSai& NPO法人店舗事務所
〒950-0205 新潟市江南区沢海 2-16 (北方文化博物館内)
TEL 025-282-7440/FAX 025-282-7441
E-mail
amc@asia-modern.com
HP
http://www.acl.or.jp

ACLの事業内容

  1. 木工産業育成プロジェクト(外務省NGO連携無償資金協力事業)

    木工産業育成プロジェクト
  2. 織物教育支援プロジェクト(JICA草の根技術協力事業)

    織物教育支援プロジェクト
  3. オーガニックコットン開発事業

    オーガニックコットン開発事業
  4. 植林事業(ミャンマーの森づくりプロジェクト)

    植林事業
  5. 有機栽培紅茶支援プロジェクト

    有機栽培紅茶支援プロジェクト
  6. 蓮布開発プロジェクト

    蓮布開発プロジェクト
  7. 竹産業育成プロジェクト

    竹産業育成プロジェクト

組織概要

自分たちができる範囲で、出来る方法で、すこしずつ進めていくと、いずれ世界に誇れる作品に育っていくと考えます。開発途上国の人たちだけでなく、自分たちも一緒に育っていける、人材教育プログラムです。今後さらに物作りを通して開発途上国の人と私達が共に自立し成長する運動を広めるべく、NPO法人格を取得し、社会的信頼性を高めるために特定非営利活動法人アジアクラフトリンクを設立することとしました。

名称 特定非営利活動法人 アジアクラフトリンク(ACL)
代表者 理事長 斎藤秀一
設立 2012年7月1日(法人認証:2012年11月2日)
所在地
本部
〒950-0947 新潟市中央区女池北1-5-11
連絡先 TEL 025-284-6461 / FAX 025-250-7461
実店舗
〒950-0205 新潟市江南区沢海2-16 北方文化博物館西門広場
フェアトレードショップSai
連絡先 TEL 025-282-7440 / FAX 025-282-7441
組織 理事   9名
監事   2名
常勤役員 1名
常勤職員 3名

定款

NPO法人アジアクラフトリンク定款(PDF)

アジアクラフトリンクのあゆみ

1996年

ミャンマーとの出会い

理事長は初めてミャンマーを訪れ、その神秘的な世界に魅了され、それ以降知人を介してミャンマーの人々との親交を深めていった
ミャンマーとの出会い
2005年

クラフト制作開始

ミャンマーのために手助けできることはないかと考えた末、ミャンマーの唐木を利用し、ミャンマーの伝統工芸を生かしたクラフト制作を開始した
第一作目は鶴の孫の手、理事長の故郷福島県の町の敬老の日のお祝い品として採用された
クラフト制作開始

NGOの立ち上げ

知人の協力を得て、「NGOミャンマー漆植林」を発足
ヤンゴンに事務所を開設
NGOの立ち上げ
2006年

一村一品マーケット

JETROが主催する開発途上国一村一品マーケット(成田・関空)でミャンマークラフト製品の販売開始
一村一品マーケット

8月 NGOミャンマークラフト支援会設立

ミャンマーを中心とした発展途上国の一村一品運動とフェアトレードによる開発支援をコンセプトに人材育成産業育成の草の根活動を開始
JETROが主催する開発途上国一村一品マーケット(成田・関空)でミャンマークラフト製品の販売開始

8月 財)北方文化博物館において第1回ミャンマー展開催

8月 財)北方文化博物館において第1回ミャンマー展開催
8月 財)北方文化博物館において第1回ミャンマー展開催
2007年

バカン漆工大学

バカン漆工大学との交流を開始
バカン漆工大学
2008年

サイクロン被害支援

サイクロン被害支援のため、新潟市で街頭募金活動
サイクロン被害支援

NGOの改組

「NGOミャンマー漆植林」から「ミャンマークラフト支援会」に改組
2009年

コットン事業開始

無農薬で管理するコットン栽培の管理体制をつくり、サウンダース織物の協力を得て、草木染・手織りのショールを一村一品製品として開発
コットン事業開始
コットン事業開始

2月 東京ギフトショー

ウラーミンミャンマー大使がアジアクラフトリンクのブースに来訪
2月 東京ギフトショー
2010年

2月 縫製教育支援

生徒の職業選択の幅を広げるため、ミャンマーにおいて繊維関係で最も経験のあるサウンダース織物学校に縫製教育講座を開設し指導者を養成(2年間)
2月 縫製教育支援

10月 ミャンマーの指導者を新潟へ招聘し技術交流

10月 ミャンマーの指導者を新潟へ招聘し技術交流

11月 アジア・メガシティ21会議(東京)

都民広場でヤンゴンブースを運営してミャンマーを紹介
11月 アジア・メガシティ21会議(東京)
2011年

高級織物の開発

高品質の絹糸を開発し、草木染・手織りのショールを製作
高級織物の開発

9月 東京ギフトショー

ウキンマンティンミャンマー大使ご夫妻がアジアクラフトリンクのブースに来訪
9月 東京ギフトショー

オーガニックコットン開発

日本の専門家による調査と指導
オーガニックコットン開発
2012年

6月 ミャンマー交流会開催(新潟市)

ミャンマー政府SSID ミヤタン氏、JETRO前ヤンゴン支店長 小島氏
オーガニックコットンの近藤氏による講演会開催
6月 ミャンマー交流会開催(新潟市)

7月 NPO法人設立

NPOアジアクラフトリンクへ組織改組(11月に法人登記完了)
2013年

貧困対策展示会参加

ミャンマー・ヤンゴンで開催されたティセイン大統領主催の「地域発展と貧困対策示会」に参加し、ミャンマーの一村一品支援作を紹介して、大統領から謝辞を受ける
貧困対策展示会参加

世界経済フォーラムに参加

ネピドにて開催された世界経済フォーラム晩餐会場でミャンマー製品を紹介
世界経済フォーラムに参加
世界経済フォーラムに参加

技術講習会開催

ミャンマー・バゴーで木工組合と共催の技術講習会を開催
技術講習会開催

8月 フェアトレードショップ開設

北方文化博物館内西門広場に店舗「フェアトレードショップsai」をオープン
8月 フェアトレードショップ開設
2014年

フェアトレード世界大会

熊本で開催されたフェアトレード世界大会においてミャンマー製品PRのプレゼンテーション
フェアトレード世界大会
フェアトレード世界大会
2015年

5月 店舗移転

フェアトレードショプsaiを同じ敷地内に移転し、改装オープン
5月 店舗移転

12月 i-NGOの認可

ミャンマー政府からiNGOの認可を得る
12月 i-NGOの認可

12月 「世界の人びとのためのJICA基金」により「ミャンマーの縫製教育支援事業」が採択されミシン68台をミャンマー各地の学校および訓練所に寄贈

12月 「世界の人びとのためのJICA基金」により「ミャンマーの縫製教育支援事業」が採択されミシン68台をミャンマー各地の学校および訓練所に寄贈
12月 「世界の人びとのためのJICA基金」により「ミャンマーの縫製教育支援事業」が採択されミシン68台をミャンマー各地の学校および訓練所に寄贈
2016年

1月 ミャンマー小規模工業庁とのMoUを締結

1月 ミャンマー小規模工業庁とのMoUを締結

3月 日本における仮認定NPO法人として認証

10月 草の根支援計画「マンダレーにおける伝統織物の振興のための指導者の技術向上支援」がJICAの事業として採択された

10月 草の根支援計画「マンダレーにおける伝統織物の振興のための指導者の技術向上支援」がJICAの事業として採択された
2017年

3月 「ミャンマー・バゴー管区での木工地域産業育成事業」が外務省NGO連携無償資金支援事業に採択され、3月より事業開始

3月 「ミャンマー・バゴー管区での木工地域産業育成事業」が外務省NGO連携無償資金支援事業に採択され、3月より事業開始

年次報告(PDF)

入会・寄付について

ACLの活動にご賛同いただける方は、 どなたでもご入会いただけます。
あなたも仲間になりませんか!

購入で参加
  • フェアトレード商品をご購入いただくことで活動に参加
  • 販売・企画で活動に参加
  • ミャンマー現地で開発に参加
  • 寄付による参加

あなたのできる方法で活動に参加してください。

会員加入申込書のダウンロード Microsoft Excelが必要です

特定非営利活動法人アジアクラフトリンクは、新潟市より
「認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)」の仮認定として承認されました。
いただいたご寄附は、寄附金などの税の優遇措置(寄付金控除)の対象になります。

個人会員

年会費2,000円
会報(適宜発行)を1部送付します。

法人会員

年会費10,000円
会報(適宜発行)を送付します。

会費について

会費の会計年度は、当法人の会計年度(7月~翌年6月)とし1月以降に入会の場合、当該年度分の会費は1,000円とします。
一度払い込まれた会費の返還はいたしませんのでご了承ください。

寄付金・会費納入は、郵便振替口座、銀行口座へのお振込みでも承ります。
郵便振替、銀行振込をご利用の場合は、お手数ですが入会申込書に必要事項をご記入の上、FAX又は郵便でお送りください。
ご寄付いただく際には、別途その旨をご連絡ください。

お振込先

郵便振替

00580-7-62816
特定非営利活動法人アジアクラフトリンク

ゆうちょ銀行振込

ゆうちょ銀行059支店
当座預金 0062816
特定非営利活動法人アジアクラフトリンク

銀行口座

第四銀行出来島支店(274)
普通預金 1472538
特定非営利活動法人アジアクラフトリンク

年会費の入金確認後、「会員」登録が完了します。
※恐れ入りますが振込手数料をご負担ください。

ご入会、寄付・ご協賛、助成のお問い合わせ

担当:斎藤 TEL:025-282-7440 FAX:025-282-7441

メールでのお問い合わせ
ご寄付の申込みはこちらからお願いいたします

お気軽にお問い合わせください。

NPO法人アジアクラフトリンク
〒950-0205 
新潟県新潟市江南区沢海2-16(北方文化博物館内)

025-282-7440 FAX:025-282-7441

↑ページ先頭へ