ミャンマーでの活動

  • HOME
  • ミャンマーでの活動

木工産業育成プロジェクト(外務省NGO連携無償資金協力事業)

バゴー管区の人々

ミャンマー・バゴー地区で地域産業育成を支援して地域経済活性化を図る必要があることから、伝統産業で培われた技術・技能の向上と資源活用による地域産業の振興を目標とした「ミャンマー・バゴー管区での木工地域産業育成事業」が外務省NGO連携無償資金支援事業採択され、3月より事業開始となりました。

  • 技術センターを設置し地域の木工産業の活動拠点とする
  • 日本の専門家を招聘し現地の専門家とともに品質向上・デザイン研究と生産技術向上に取り組む
  • 安全で利用しやすい製造機械「バンドソー、ジグゾー」を技術センターに設置し利用促進
  • 高付加価値商品開発のため「レーザー彫刻機」を設置し、利用促進

などの活動を行ってまいります。

名産品開発事例、バゴーで木工産業育成

ミャンマーには世界の銘木があります。木工産地は各地にあり、従事者も多いです。

デザイン・基礎技術不足でせっかくの素材を活かしきっていない。そう考えた私たちは、バゴーに技術センターを開設し、活動拠点としました。

技術センターの目標
  1. 1.基礎技術の開発

    木材乾燥方法の改善と普及による付加価値向上

  2. 2.生産技術の向上

    新規機械利用による生産性の向上と、品質向上

  3. 3.デザインの開発

    日本とミャンマー共同によるデザイン開発と自主開発の継続と進化

技術センター
  • 現地に即した乾燥方法

    手作りでシンプルで安価な、現地に即した乾燥方法を考案、
    従来の木材乾燥の改善を目指します。

  • 新しい機械

    新しい機械も紹介し、新製品開発を促します。
    生産性向上も大切です。

  • 新デザインの食器

    新潟デザイン専門学校学生の協力で、
    新デザインの食器を導入しました。

  • ミャンマーの芸術家と共同でデザイン研究

    ミャンマーの芸術家と共同でデザイン研究も開始しました。

  • 木工技術講習会

    木工技術講習会で、新しい機械の利用を促進しています。

織物教育支援プロジェクト(JICA草の根技術協力事業)

織物教育支援プロジェクト

「ミャンマー・マンダレー市アマラプラータウンシップにおける伝統織物の振興のための指導者の技術向上支援事業」がJICAの草の根技術協力事業に採択され、5月より事業開始となりました。

ミャンマーの織物産業の中心地域、マンダレー・アマラプラー地区には手織の工房が残っており、織物を生業とする人々が多く暮らしています。

手織りは伝統的な織り方やデザインで製造していて、生産性が悪いため近年は減少傾向にあります。

ミャンマー国内の需要はもとより、有望な輸出産品にもなりうる織物は、技術の向上とさらなる発展が必要不可欠です。

織物の教育機関として、マンダレーに政府直轄のサウンダース織物学校アマラプラー本校があります。サウンダース織物学校は1914年に創立され、政府により運営されていて、ミャンマー全国に13校の分校を有しています。

ミャンマーにおいて学校は指導的な立場にあり、伝統織物の継続と技術向上指導の役割を担っているため、技術取得のための支援を切望しています。織物学校において教師が草木染や織物の日本の専門家による技術指導を受け、技術や品質を向上させ、開発品を日本の市場で高い評価を得られれば、教師のスキルアップが図られます。
さらにテキストを作成し、普及させることによって、若手や地域全体の技術力の向上にも効果があります。

具体的には

  • 手織り技術に係る予備調査結果を踏まえ、指導者育成計画を作成する
  • 日本の専門家による技術指導により織物の応用技術やデザインを織物学校の教師が習得する
  • 手織り技術の教育プログラムを策定する

などの活動を行ってまいります。

  • サウンダース織物学校
  • 織物学校
  • 日本の専門家による技術指導

草木染

草木染
  1. 1998年にJETROが草木染を復活指導
  2. 2001年から金沢美工大が現地に講座開設して指導
  3. 2005年より当方が実用化を指導して商品を日本へ紹介
  4. 2017年よりスキルUPを指導して商品を進めます。

手織

手織
  1. 各地に手織りが残っていて、技術も人材も継続できています。
  2. 良い原料と合体してより高付加価値商品を目指します。

縫製教室

教室での指導者養成講座
教室での指導者養成講座
日本からの教材を利用したデザイン講座
日本からの教材を利用したデザイン講座
寄贈したミシンでの授業
寄贈したミシンでの授業
日本からの教材を利用したデザイン講座
  • 訓練継続

    課題を日本より順次送って、現地での指導者養成縫製技術訓練を継続

  • 日本での交流

    2010年、10-11月、現地より2名を日本へ招待して、技術交流プラン

  • ミャンマーでの交流

    2010年12月、現地訪問して親睦交流プラン

  • 縫製教室運営開始

    2010年中に小規模に教室を試験開始

  • 第2期指導者養成講座

    2011年5月集中講義で中級講座を開催

  • 日本からの支援と現地での指導者技術向上訓練を継続

  • 指導者のレベル向上に合わせて、順次縫製教室を拡大し、若い人への教育へ広げていく。

  • 上記レベルまで達成できると、現地での伝統産業技術(養蚕、木綿栽培、手紡ぎ、草木染、手織、と縫製を組み合わせて)を生かして、新しい素材による創作を目指します

このプロジェクトは①ミシンを寄贈、②学校を準備、③講習会を開催、④日本招待や現地訪問での交流、 ⑤ 日本から出来るデザイン指導、⑥教育テキストの自主編成などを有効に組み合わせて、かつ実効が上がるまで継続して支援・指導して、最絡的には現地で自主的に運営できるまで導きます。

ここまでが何とか実行したい内容です。さらにこれがクリア出来れば希望として両国の技術の融合によって新しい衣類の創造を目指したいです。その場合参加している両国の繊維専門家も大きな満足を得ることになり、真の国際交流としてプロジェクトも120%の成功と言えます。

オーガニックコットン開発事業

オーガニックコットンを育てて収入UPを図る オーガニックコットン栽培事例

コットンの開発サイクル

手紡糸作りはミャンマー農家の副業です。化学肥料、殺虫剤には無縁の農家が多いのですが、それを検証できず無農薬栽培の価値を生かせませんでした。
そこで2009年にミャンマー政府と協力して、現地でも管理出来るシンプルな無農薬の管理体制をつくりました。それで得られたコットンで草木染、手織のコットンショールをミャンマーの一村一品製品として開発しました。
その後、栽培実験など繰り返して、今年はミャンマーのNGO団体Dear MyanmarとNGOミャンマークラフト支援会が提携して、現地でオーガニックコットン栽培組合を発足。国際認証のオーガニックコットンを目指します。成功すると、栽培農家は従来より高付加価値のオーガニックコットンで安定市場を得られます。地域経済の振興には大きな力になります。
これらの運動に私たちアジアクラフトリンクと(有)エスケイプランは協力しています。

綿比較

オーガニックコットン開発事業を進めるにあたって 、無農薬の管理体制以外にも問題がありました。
ミャンマー産綿の品質は悪いのです。
問題解決のため、私たちはできることから始めることにしました。

まず、国際規格でなく、ミャンマーでも守れる基準つくりから入りました。次に、良質のコットン品種が必要と考え、品種の選択と栽培試験を開始しました。日本のオーガニックコットンの第一人者、近藤健一先生にご協力いただきました。
挑戦を続けること4年、やっと光が見えてきました。

綿比較
綿比較
綿比較

植林事業(ミャンマーの森づくりプロジェクト)

NPO法人アジアクラフトリンクは、ミャンマーの木材で木の生活雑貨を作り、地域産業育成による自立支援をめざして活動しています。あわせて、大事な資源を守るために地域の人々と一緒に植林活動も行っています。100年後もミャンマーで木工産業が継続されていくため、地球環境を守るため、子供たちの未来のために、「ミャンマーの森づくりプロジェクト」を開始いたしました。地域の人々や木工関係の人々などと一緒に毎年植林を行います。この植林プロジェクトを継続して行っていくためにも皆様のご協力をぜひお願いいたします。

ひと口、3,000円のご寄付をいただきますと、現地において紫檀・黒檀・チークなど3本の銘木の植林が可能です。今年度は、パゴー管区パゴー郡のレーエイス村、レーエイス小学校において100本の植林を行いました。

  • ミャンマーの森づくりプロジェクト
  • 100本の植林を行いました

アジアクラフトリンクは特例認定NPO法人の認可を受けておりますので、ご寄附いただきますと所得税からの控除が可能です。

ぜひ「ミャンマーの森づくりプロジェクト」にご協力ください。ひと口以上、何口でも結構です。ご寄附の方法は下記に記載の郵便振替またはゅうちょ銀行へお振込みください。お振込みいただきますと、ご寄附の証明書をお送りさせていただきます。また活動の報告を毎年お送りさせていただきます。

郵便振替

00580-7-62816
特定非営利活動法人アジアクラフトリンク

ゆうちょ銀行振込

ゆうちょ銀行059支店
当座預金 0062816
特定非営利活動法人アジアクラフトリンク

  • 植林事業
  • 植林事業
  • 植林事業

有機栽培紅茶支援プロジェクト

有機肥料で育てたシャン紅茶

中国国境付近の1800m高地に住む少数民族パラウン族は700年の茶栽培の文化を持っています。
涼しい気候と有機肥料で育て茶葉を日本人お好みに合わせたマイルドな風味に仕上げた特注品で、日本では当方のみが正規輸入しているマイナーな存在ですが、リピーターが多い隠れた人気品です。ストレートティをお奨めしています。

1800m
1800mの茶畑
リーフとCTCの2種類
100g包装、リーフとCTCの2種類のタイプがあります

蓮布開発プロジェクト

蓮物語蓮布の背景と現状

インレー湖
湖の蓮

ミャンマー、中部900mの高原にあるインレー湖の中にインター族30万人が水草を集めて耕作地を作り半農半漁で生活しています。(昔、安全を求めて湖の中に移住した民族です)

手工業の織物も伝えられ、そんな環境で湖の蓮から糸をとって織物を作るようになりました。
しかし、環境変化によって湖面が減少し、蓮生産も変化を迫られています。

蓮布の作り方
  1. 蓮の茎から蓮の茎から
  2. 糸をとり糸をとり
  3. 織ります織ります
魅力的な幻の天然繊維、蓮布
蓮布の法衣

ミャンマーでは蓮布から法衣を作り、寄進します。一着15万円もする現地でも特別な品です。

蓮布100%のショール

2011年細い糸を試作して、柔らかい蓮布100%のショールを作りました。右が天然白色、左は蘇芳で草木染めした試作品です。

モダンデザインの蓮布ショール

モダンデザインの蓮布ショールです。

新しい展開

大臣と面談
大臣と面談
地域代表と相談
地域代表と相談
人口養殖池で
人口養殖池で
蓮布の顕微鏡写真
蓮布の顕微鏡写真

ミャンマー政府・共同組合省大臣、インター族代表と相談して
地域特産品として育てる計画を実施中です。

  1. 蓮糸の品質向上によって、新しい製品を開発し、市場開発を目指します。
  2. 自然採取から蓮糸の養殖へ事業を変化させて、資源の保全と品質安定を目指します。
  3. 上記2つの連動で、安定した生産拡大と市場獲得をめざします。
  4. 亀場代理や工房、現地の織物学校と憶力して作業を進めています。
  5. 地元では地場産業として発展が期待でき、日本では改良版の蓮布の供給安定を目指します。
  6. 新しい天然繊維としての市場開妬にご協力お願いいたします。ご興味のある方はお知らせ下さい。

竹産業育成プロジェクト

竹産業育成プロジェクトは現在休止中ですが、将来再開予定です。
写真は以前の試作品です。

  • 竹の籠1
  • 竹の籠2
  • 竹の籠3

お気軽にお問い合わせください。

NPO法人アジアクラフトリンク
〒950-0205 
新潟県新潟市江南区沢海2-16(北方文化博物館内)

025-282-7440 FAX:025-282-7441

↑ページ先頭へ